CAD/CAM ハイブリッド セラミック冠(保険適用)


保険適用で白くて強い歯に

CAD/CAM ハイブリッド セラミック冠(保険適用)平成26年4月から、第一小臼歯、第二小臼歯(真ん中の歯から数えて4番目、5番目の上下の歯)が、CAD/CAM装置使用に限りハイブリッドセラミックレジン冠での治療が保険適用になりました。

また、平成28年4月の保険改定により第一大臼歯、第二大臼歯(真ん中の歯から数えて6番目、7番目の上下の歯)も『金属アレルギー』の方に限りのCAD/CAM装置使用に限り、ハイブリッドセラミックレジン冠での治療が保険適用になりました。

第一大臼歯、第二大臼歯の場合、医療機関による金属アレルギーの診断が必要になります。

厚生労働省より認可を受けた歯科医院に限り院内の歯科用CAD/CAM装置(CEREC/セレック)で作成可能です。当院(東京/新宿)には院内にCAD/CAM装置がありますのでハイブリッドセラミックレジン冠での治療が可能となります。

 

『ハイブリッドセラミックレジン』とは

『ハイブリッドセラミックレジン』とは、従来の保険適用の素材(レジン)よりも丈夫な素材です。また、CAD/CAM冠は、従来のハイブリッドセラミックレジン(築成)に比べ、工場レベルで高度に重合されたハイブリッドセラミックレジンの『ブロック』をCAD/CAM装置によって削り出すため、割れにくく堅牢です。

 

ハイブリッドセラミックレジンの価格

ハイブリッドセラミックレジン冠による治療の価格は、保険適用(3割負担の場合)で9000円前後になります。

 

保険適用される歯の状態

ハイブリッドセラミックレジンの保険適用は『クラウン(冠・被せもの)』になりますので、インレー(詰め物)の場合は適応されません歯を完全に被っているものになります。また、2連以上のブリッジ(例:4〜6番が繋がった冠)は保険適用しません。

CAD/CAM ハイブリッド セラミック冠(保険適用)
× インレー(詰め物)保険適用外

CAD/CAM ハイブリッド セラミック冠(保険適用)
○クラウン(冠・被せ物・完全に被っている状態)保険適用

 

症 例

右下5番 ハイブリッドセラミックレジン冠症例
CAD/CAM ハイブリッド セラミック冠(保険適用)

左上4、5番  ハイブリッドセラミックレジン冠症例
CAD/CAM ハイブリッド セラミック冠(保険適用)